悪徳商法の相談はどこにどのタイミングでしたらいいのか

悪徳商法相談

悪徳商法とはどんなものか

男性

悪徳商法というのは、意図的に相手に錯誤をさせてしまうようなやり方で商売をしている、というのがまずは一つとして挙げることができます。例えば昔、流行したことがありますが、消防署の方から着ました、といって消火器を売ることがありました。これは要するに消防署の人から来た、ということを錯誤させるようにいうわけです。
これも一つの悪質商法であるといえるでしょう。こうした商売は詐欺に該当することもありますから、素直に警察に相談することにしましょう。泣き寝入りをする人もいるのですが、基本的には相談することがお勧めできます。どこから購入したのか、ということがはっきりとしていますとすぐにでも対応することができます。
或いは消費者センターなどでもよいでしょう。これは一個人の問題でもありますがその後、さらに被害者が増えてくることにもなるのですから、素直に相談をしてそれ以上の被害を拡大させないように協力するべきであるといえるでしょう。なかなか難しいことではあります。騙された、ということを恥に思う人も多く、相談をしにくいこともあるのです。そのあたりを付け込んでくる悪徳商法というのも世の中には多くありますから、注意しておきましょう。

NEW POSTS

悪徳商法の被害に遭わないための方法

悪徳商法は誰でも引っかかる可能性があります。それくらい最近の悪徳商法は分かりにくいような手口を使ってくることが多いのです。では悪徳商法に引っかからないよう…

悪徳商法とはどんなものか

悪徳商法というのは、意図的に相手に錯誤をさせてしまうようなやり方で商売をしている、というのがまずは一つとして挙げることができます。例えば昔、流行したことが…

悪徳商法や詐欺の被害にあってしまったら

たまにテレビや新聞のニュースでも耳にすることがあるかと思いますが、近年たちの悪い悪質な悪徳商法や詐欺事件が横行しています。身近にそういった被害に遭いやすい…

UPDATE POST

TOP