悪徳商法の相談はどこにどのタイミングでしたらいいのか

悪徳商法相談

悪徳商法の嫌らしいところ

メモ

詐欺的売り方、或いは詐欺そのものであることもありますが、そうした商売のやり方のことを悪徳商法というのですが、こうした商売というのはいろいろと方向性があります。例えば嫌らしいやり方としてはそもそも自分たちもあくどいことをしている、という意識が強くあるわけですから、警察に届けられるのが最も困るわけです。そのため、割合でいえば結構な金額ではあるのだが身代を傾けるほどではないので警察に届けて、騙されたと知られて恥を掻くよりは黙っていたほうがよいだろう、という絶妙なところを攻めてくるところもあるのです。
例えば不動産などを物凄いぼったくりともいえる金額で買った場合、数百万円、或いは数千万円単位で騙されるわけですが、例えば健康器具とか或いは消火器などであれば数倍程度のぼったくりであることもあるのです。5000円くらいのものを1万円くらいで買ってしまった、買うようにされてしまった、というのは間違いなく悪徳商売であるのですが、その程度ならば恥を知られるよりは、と考えてしまうことがあるわけです。個人の選択はそれはそれで仕方ないことではありますが、金額の多寡によらず、しっかりと警察などに相談することをお勧めします。

NEW POSTS

悪徳商法の被害に遭わないための方法

悪徳商法は誰でも引っかかる可能性があります。それくらい最近の悪徳商法は分かりにくいような手口を使ってくることが多いのです。では悪徳商法に引っかからないよう…

悪徳商法とはどんなものか

悪徳商法というのは、意図的に相手に錯誤をさせてしまうようなやり方で商売をしている、というのがまずは一つとして挙げることができます。例えば昔、流行したことが…

悪徳商法や詐欺の被害にあってしまったら

たまにテレビや新聞のニュースでも耳にすることがあるかと思いますが、近年たちの悪い悪質な悪徳商法や詐欺事件が横行しています。身近にそういった被害に遭いやすい…

UPDATE POST

TOP